« 地獄谷うどん | トップページ | 春が来た。 »

2006年3月19日 (日)

セツブンソウに逢いに

以前から見たかった花たちに逢いに行けた。

そしてひょんな事から乗るハメになったSL。
気持ちよくて楽しかったんだな、コレが!

早起きするつもりが寝坊して、家を出たのは10時。
いい天気につい、出かけてしまった・・・

特急レッドアロー号に乗って西武秩父駅へ。
そこから歩いた御花畑駅の改札でピシャと電車の扉が閉まって乗り遅れた。
あああああ・・・・
次の電車は1時間後だ・・・時刻はすでに12時近く。
しかし、20分後にSLがやってくると聞いて即500円の整理券なるものを購入。

これで時間短縮が図れると思ってたのは大きな間違い。
蒸気機関車つーのもああも遅い乗り物なのですね・・・
高橋尚子選手の方が遥かに速いんじゃーないすかね。

けどのあの「ポォーーーーーーッ!!」って汽笛は実にカッコよくて
ついつい、自分は星野鉄郎なんじゃないかなんて思えて来ちゃうのであって
これから機械の体を手に入れに行くのかと錯覚しちまうぜい。(するかー!)
そして沿線にはSLをこよなく愛する方々の姿が至るところに待ち構えてて凄かった!!

←星野鉄郎  ←SLを愛する方々

三峰口駅に到着すると本来の目的も忘れてSL見たさに駆け寄る(笑)

次に乗るバスの待ち時間が1時間15分(死)
SLに乗って時間短縮したのは何の意味もなかったのだった。
しかも、バス停の案内を見ると西武秩父駅からもバスが出てると知って愕然。
ここでこんなに待つなら西武秩父で1回待てばよかったんだ・・・・
けど、まぁ、SL乗れたからいっか( ^ ^ )


どーでもいいけどいつの間にか空はどんより・・・・
アズマイチゲって晴れてないと開花しないんじゃなかったっけ・・・(-_-;)

無事にバスに乗れて小森というバス停で下りて
そこからトラックがビュンビュン通る道をのんびりと約30分
えっちらと歩いた場所がセツブンソウ自生地。
四阿屋山の近く、なんとここは両神なのだった。
どうりで遠い訳だ・・・・

道路脇の斜面の小さな規模の自生地。
入場料300円なり。

約5時間かけてやって来て逢えたのがこの花たち。

心配してたアズマイチゲはやっぱり花閉じちゃってた(泣)
係員のおじさんが「さっきまで開いてたんだけどね」って、そりゃ残念。
曇り空の3時なんでそりゃ無理だよなー。
それでも、ちょっとだけ開いてるのを2つ発見。

セツブンソウとアズマイチゲに逢う小さな旅は遠く険しいものだった。
いや、険しくはないんだけど・・・けど遠いよ?。

帰りは臨時バスが自生地から出て西武秩父までノンストップで帰れてラッキー!
なんて思ったらバスが着いた瞬間、特急レッドアロー号が発車。
帰りもしっかりと1時間待たされたのだった。
あー、疲れた、疲れた。

■セツブンソウ園
入園料 300円 8:30?16:30 無休

西武池袋線・特急レッドアロー号 池袋→西武秩父駅?(徒歩)?秩父鉄道・御花畑駅→三峰口駅
小鹿野村営バス・三峰口→小森下車?(徒歩)?セツブンソウ園
(どれも1時間に1本程度なので注意が必要)

« 地獄谷うどん | トップページ | 春が来た。 »

秩父」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30685/41142081

この記事へのトラックバック一覧です: セツブンソウに逢いに:

« 地獄谷うどん | トップページ | 春が来た。 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近のトラックバック

blog link

高尾山そば白書

無料ブログはココログ