« 今月の山 1月 | トップページ | 燕岳レポ暫定UP »

2007年1月16日 (火)

厳冬期雲丹山登頂

厳冬期ウニ山登頂。

<イメージ>

ちなみに上のイメージ写真、今回の記事とは何の関係もございません(笑)

以前、ju9choのブログでその存在を知ってから登頂してみたかったウニ山。
ju9choを隊長に山ヤ隊員、山ヤ隊員の奥様のカエ。隊員と私の4人で
去る15日(月)、厳冬期ウニ山に見事登頂する事が出来てシアワセ~♪
もー、とにかく厳冬期ウニ山、凄すぎです。マジで。

店に入るとカウンターに食材がどーんとあってインパクトありまくり。

2階の座敷に案内されて、出されたメニューには値段は一切書いてない(恐)
つまりは、時価って事らしい。
しかも「ハタの刺身」とかじゃなくて単に「ハタ」とか魚の名前しか書いてない。4人で4品を注文。ちなみに注文は最初の1回のみで以後の追加注文は受け付けない。
勿論、飲み物は追加注文OK。
時間も1組1時間半までと決まってるらしい。
それにしても1品のこのボリューム。凄すぎます。
4品並んだら圧巻。
そして、いいトシしたオトナ3人がカメラを取り出し、撮影しまくる姿も何とも怪しい。
しかーし!!
こんな凄すぎるモノを目の前にして冷静に写真なんか撮れませぬ。
何枚も撮ったのにもかかわらずほぼ全滅のボケボケ写真ばかり。
も、無理ですから。じっくりとさもおいしそーに撮ろうとか。
理性を失います、写真なんかいい、早く食いてーと・・・

まず出てきたのはいきなり今回の主峰ウニ。
海苔と胡瓜のスライスを添えて板に乗ったまんまが惜しげもなく出てきちゃいます。
これはアリなのか!?

そして店のオススメだというハタの刺身。大量です。
これがさっぱりしててすごーく美味しかった!

次はイカの刺身。
一体何バイあんだよってくらいこれまた大量。
黙々と食べ続けてあやうくイカ星人になるとこだった・・・・

最後に注文した中では一番ゴージャスな貝の盛り合わせ。
なんとウニの倍のお値段です、ゴージャスでしょ( ̄▽ ̄)♪
何しろあわびのお刺身ががまるまる1個入ってるもんね。
他にさざえ、赤貝、帆立、ミル貝?になぜかシャコの刺身盛り合わせ。

そして、1時間半経つと食べ物が残っていようが立ち退き命令が出される(笑)
いやー、魅惑のウニ山、本当に凄かった!
どんぶりメシ持参してウニ丼食べたいと思う私なのであった。
カニ・・・・もそのうちチャレンジしたいかも・・・(怖)

ウニ山の正体・魚がし 福ちゃんの情報はコチラから
勿論、他の2人のブログもしっかり見ないとこの凄さ、わかりませんぞ!
「ちなみにお会計はいくら?」「もっと綺麗な写真ないの?」
そう思ったらju9cho、山ヤ先生のブログへGO!

« 今月の山 1月 | トップページ | 燕岳レポ暫定UP »

仲間」カテゴリの記事

外食」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30685/41370362

この記事へのトラックバック一覧です: 厳冬期雲丹山登頂:

« 今月の山 1月 | トップページ | 燕岳レポ暫定UP »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近のトラックバック

blog link

高尾山そば白書

無料ブログはココログ