« 立山で撮れたスゴい写真 | トップページ | 立山キャンプ vol.2 »

2007年5月17日 (木)

立山キャンプvol.1

今回のレポは
WebSite【のんびり山歩き】山行記録 立山キャンプ
Blog【近頃のえび】
同時UPでお送りします。

去年、凍結した階段ですっ転んで胸椎挫傷したっつーのに
今年も懲りずに立山にお礼参りする事に。

5月は勝手に立山祭り開催:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

5月3日(木) 晴
深夜のうちに扇沢入りして車中で仮眠。
5時を回ったので2階の改札にザックを置いて1階のチケット売り場に並ぶ。
チケットは旅行代理店であらかじめ購入しておいたので
当日は実際のチケットと引き換えるだけ。
快晴のアルペンルートを進むが、今日は前日の雨が原因なのか
妙に霞んでしまって眺望もいまひとつ。

人も結構少なめでいつもなら黒部平の黒部そばなんて
とても食べられる状況じゃないのに今日はガラガラ。
黒部そば&うどんを食べた。

大観峰からの眺めもやっぱり霞んでしまっていまひとつ。
いまのとこ、扇沢から室堂に至るルートでは4回行って4回共快晴。
快晴率100%を誇る。

室堂に到着してザックをデポし、
雪の大谷を見学しに行こうとしたらやってなかった。
それならばと早々にテン場に向かう。
今回、80リットルのザックに荷物が入りきらず、
2人共片手にトートバッグ持参。
正確に重量は測ってないけど相棒は25kgは超えてるし、
わたしも24,5kgはあるかと思う。

それプラス手荷物だからツラくてみくりが池の先で
ザックを下ろす大休憩に入った。
ぐるりと写真を撮ってると相棒が「あれぇ?」って言うから
見ると目の前に安藤さん発見。
少し先を歩いていた現場監督さんとたけしさんも一緒だ。
聞けば3人は剱岳に行くというではないか。
いやー、カッコよすぎ!
帰りの5日にテン場での再会を約束し、別れた。

雷鳥荘の前まで来ると雷鳥平のテン場が俯瞰出来る。
やっぱりテントも少なめだ。
テン場に到着すると早速場所確保。
今年も去年と同じ大日側の一番端。

ある程度の準備が出来ると私は寝不足と頭痛から
テントの中に入って寝入ってしまった。
その間に椅子やテーブルが着々とカタチになりつつあった。

ちょっと遅めのランチ。
メニューは握り寿司。
ちゃんと笹も持参。
風が出てきてちょっと寒かったけどなかなか美味しかった。

今回の積雪は去年の半分程度。
核心部である階段もこのとーり。
ふっ、チョロいぜ( ̄▽ ̄)

その後、テントの中を整理してると雷が鳴り始めて
雨だかみぞれが降り始めた。
けど、パラパラと一瞬降って止んでしまった。
風がだいぶ出てきてかなり冷え込んで来たんでテントに入る。

ランチが遅めだったのと初日で疲れてるのもあって
夕メシはカップラーメンで済ませる。
先日、好奇心で買ったリフィル。
やたらかさばって山にはまったく向いてないが
1回くらいは日の目を見せなきゃと思って持参。
(こんなもん持ってくるからザックから荷物がはみ出ちゃうんだと相棒はブツブツ)
入れ物は何でも寒い夜には温かいカップヌードルがめちゃくちゃ美味しかった。

外は吹雪になった。
GWに立山に来るようになって雪が降ったのははじめて。
いつもはもう雨に変わってしまっているから今年はまだ寒いんだね。
でも、夜はぬくぬく眠れた。

« 立山で撮れたスゴい写真 | トップページ | 立山キャンプ vol.2 »

北アルプス」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30685/43443063

この記事へのトラックバック一覧です: 立山キャンプvol.1:

« 立山で撮れたスゴい写真 | トップページ | 立山キャンプ vol.2 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近のトラックバック

blog link

高尾山そば白書

無料ブログはココログ