« 涸沢レポ | トップページ | ホリデー・パス »

2008年10月 1日 (水)

北穂高小屋

憧れの北ホ小屋ヽ(´▽`)/
ヤリホにゃキョーミはないけどこの小屋だけは別。
今回、強制的に涸沢行が決まったので行ける事にヽ(´▽`)/

数年前に放送された番組「穂高よ永遠なれ~北穂高小屋物語~」
で興味を持って、その番組内で紹介されていた「穂高を愛して二十年」を読んで
更にプロの写真家が口を揃えて「北アで一番イイ場所」という
この小屋にいつか必ず行くぞーと思ってた。

だからこの小屋については別に記事を(*゚▽゚)ノ

3106mの北穂山頂からわずか1分の3100mにある北穂小屋。
小屋から山頂見えちゃってるんだからー。

小屋の前のテラス。眺めは抜群!

800m下には涸沢のテン場。

ここで北穂ラーメンにコーヒー、ワインでまったり♪

Highslide JS Highslide JS
Highslide JS

そしてサクッと何度も山頂へ。
山頂からは槍と大キレットがどどん!

Kitahogoya_24

ちなみに北穂のテン場は山頂を挟んだ奥穂側。
水場もトイレもありませぬ。
整備された岩の階段を下りて行くとは言え
夜、小屋までトイレに来るのは危険じゃなかろーか。

Kitahogoya_23

売店はこんな感じ
汗で濡れた100%綿T着て標高3100mを過ごすのは
危険なんでココで北ホT買いましたー。
売店にいたスタッフ、ハーフみたいな顔立ちの美人で
ベリーショートが物凄く似合ってた。
気さくな人で楽しいひとときを過ごせた(^^)

もー、ヤバ過ぎます、この環境!
とても下りる気になんない。
どーしても泊まりたくなって急遽宿泊する事に(笑)
そしたら明日は奥穂までついでに行ってしまおう ←ついでかよ

小屋で受付。

今日はお客さんも少ないってことでこんな個室。

Kitahogoya_10

ちなみにココ

そして窓からの眺めはこんなん。

Kitahogoya_11

Kitahogoya_12

つい、くつろいじゃいました。

Kitahogoya_22

時間はたっぷりあるのでお昼寝♪
目が覚めたら結構寒くなって来たんで食堂でホットミルク。

Kitahogoya_13

Highslide JS

そしてお待ちかね、食事の時間ー。
ここはクラシックが流れる中、陶器の食器で
おいしーと評判だから楽しみ楽しみ。
ごはんと味噌汁はおかわりし放題。
隣のおじさんはマイふりかけ持参で
ごはんを7,8回おかわりするツワモノだった・・・
(下左:夕メシ 下右:朝メシ)

Kitahogoya_15

Highslide JS Highslide JS

小屋からサクッとサンダル履いて山頂へ行けるのでラックチン♪

Kitahogoya_18

夜もコーヒーを。
テーブルに生けてあるのは生花。
癒されますなぁ。

Highslide JS

実は心配だったのが布団。
なんと掛け布団が1枚きり。
毛布の1枚もない。
それでなくとも半濡れの長袖綿100%Tの上に小屋で買った
半袖アクリル100%着てるだけだし。
空いてたから掛け布団2枚で寝る事にしたんだけど夜中、熱くて目が覚める。
1枚にしてもまだ熱くて結局半袖とパン一で寝てしまいましたとさ。
なんじゃろ、ブレスサーモの布団だったのかいな?

こんなんで、憧れの北ホ小屋、満喫してきましたーヽ(´▽`)/

« 涸沢レポ | トップページ | ホリデー・パス »

北アルプス」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

こんな景色眺めて見たい。
ゆったりとした部屋でのんびりして、陶器での食事、ご飯もみそ汁もお代わり出来て、活けてある花も生。
サンダル履いて山頂って・・・山小屋にしては凄過ぎだわ。

それは、下りる気にならないよね。

ほぉぉ~~んといいねぇ。
流れるはクラシックでしょ。
小屋の中だけでは山小屋とは思えない。
topの写真のカップと向こうに見える槍がすごく素敵。
私も泊まってみたくなりました。でもラーメンは食べたことあるよ。

北穂高小屋でレポを作る気持ち、よくわかります。
一度しか泊まったことがないけどとても懐かしいです。
季節をちょっとずらして、空いている時にとまるのがいいですね。
あのテラスから槍を見た時は、写真で見る景色を実際に見て感動しました。
それに真下に見える涸沢はイメージしていなかったのでちょっとビックリという感じでした。

いいねー

えびちゃん、ここ良いねー
私も泊まりたい・・
ラーメンもさらにいい・・
混んでないときが良いな・・。

一日中テラスで槍を眺めてられるなんて至福の時間だわ~い!!

私はコーヒー一杯で下っちゃいました。

いいな~北穂小屋!空いてるなら泊まってみたいです。

景色は当然最高、ご飯も美味いとくれば人気ですよね。
よし、来年はお金を貯めて行こう!・・・カナ。。。

夕食が・・・2種類?
選ぶのかと思っちゃった・・・・ポリポリr(^^;)
目玉の方は たぶん朝食だよね・・・?

北穂の小屋・・・・ボクも泊まってみたい小屋の1つ。
ボクが行った時は 2005年のタイガース優勝が決まった翌朝。
タイガースの鉢巻して登ったら 売店のネーチャンに
「おめでとう!」って満面の笑みで迎えてもらったのを憶えてるよ。

北穂にもテン場があったんだね・・・・ちょっと意外。
              (*’-’*)アハハ♪

いや~~~~~。もう北穂山荘エトセトラ~~の写真で、おなかいっぱ~~い。

僕が泊まった部屋は2つ右の部屋だった気がする。
真正面に常念がそびえていたよ。
とにかく眺望がすばらしいので何度でも泊まりたくなるね。

◆山百合さん
涸沢といわずここまで行ってみてください( ^ ^ )
ここからの景色、見せてあげたいなぁーって思いますよ。

相棒が「どうせ泊まりたくなるんだからフリース持って行ったほうがいいんじゃない?」って
言ってたんですけどその通りでした。
雨具じゃ寒かった~~。

◆ハイジさん
山小屋でクラシック、いいですよねぇ。
食堂の上の部屋だったんで床から響くクラシックを聞きつつ昼寝しました。
贅沢ですよねぇ。
特に朝メシの時は大好きな曲だったんで癒されました。
♪バッハ 水上の音楽より

あたしみたいに小屋にワザワザ来る人は
少数派なんでしょうか(*´Д`*)

◆副長さん
副長さんといえば北穂からはじまった・・・ですもんね。
あんな場所がスタートだったなんてなんて贅沢なんでしょ!
空いててよかったですー。
涸沢の俯瞰、意外でしたか?

◆milkちゃん
コーヒー1杯で下るなんて余裕ですなぁ。
あたしは体力ないんで必死に登ったから
そんなんじゃ勿体なくて下れませーーん( ̄▽ ̄)

◆食う寝るさん
まったく気にしてなかったけど空いててよかったぁ。
テラスで過ごすのもいいけどやっぱ泊まってじっくし
満喫するのがオススメですー!

◆Mr.R
直しました、朝と夜。
わかりづらくてゴメン。

ROCKYだったらサクッと登れちゃうから
泊まるほどじゃないんだろうけど
そこをあえて泊まる、つーのがイイのよ(笑)

北ホのテン場は気を付けてないとここがテン場ってわかんないかも。
整地されてる場所があって「ここならテント張れちゃうね」なんて冗談で
言ってたら番号が書いてあって本当にテン場だったんだもん。
不便そうだけど。

◆うめっち
あらあら、おなかいっぱいにしちゃった?(笑)
わんこ2匹いたらやっぱ心配だよねぇ。
あたしも今回はキキをお留守番させてちょっと可哀想って思ったもん。

◆ジャンにーさん
2階あがってスグのあたりかな。
窓からの眺めもホントいいよねぇ。
えーと、あたしココに泊まって槍を見ながら
ジャン料理長のスペシャル食べれたらもうサイコーなんだけど(笑)

KKFCの甲斐駒山頂で会いましょうは失敗したけど
北穂高山頂で会いましょうなら成功したな・・・・

北穂小屋は優雅でいいですねぇ。
急遽泊まるなんてナイスアイデア。僕たちも行けばよかったなぁ。
「北ホ」デザインの陶器カップとかは、お土産に売っていないのかな?

◆taiandoさん
山で優雅な気分に浸れましたー( ^ ^ )
臨機応変に。
って言うとなんだかカッコよく聞こえますけど
よーするにインチキなあたしはこーんな快適な場所に
背を向けて奥穂に行く行動力がなかったって事です┐(´д`)┌

北ホデザインのカップ&ソーサーは以前は購入出来たようですよ。
現在は入手出来ないみたいですが。
と、北ホ小屋のサイトに書いてありました。
欲しいですよねぇ。

w(°o°)w わぉっ 雲上の北穂小屋でなんと言う贅沢な時を満喫して来ちゃったんだ~

クラッシクを聞きながら、部屋の窓から槍穂を眺めるなんて~~
この世の中にこんな贅沢な時間過ごしているのは、えびちゃん位かもlovely

milkちゃんと同じで、カラッチも大キレット縦走した時にコーヒー一杯のみ!despair
何時の日かのんびりと歩ける時がきたら、こんな山小屋泊りしてみたいなぁ~

私も1度しか泊まったことないけど、いい小屋でしたね。食事美味しいし。
昔の新田次郎の小説などを読んでいると北穂小屋の話とかでてくるんで、是非泊まってみたかったのでした。
私は2段式の下みたいな足で立てない様な場所がねぐらでしたが、私は寒がりなんですが、暑かったような記憶があります。ログハウスで温暖効果があるのかなあ?

これ読んで、もう一度泊まってみたい気分になりました。コーヒーカップと槍バックの写真、これ、すっごく気に入ってます。さりげなく、えびさん視線でいいなあ♪

泊まった部屋からこの景色。

なんて贅沢。
そのまま住みつきたくなりそう・・

コーヒーカップと槍バックの写真・・(しつこいけど)
ほんと、えびちゃんならではのセンスが光っています。

フリースはもってなくても、アノ方はご一緒だったんですね!(笑)
しかし…ついでで「北→奥」ですか!!(^_^;)

10/1.2で涸沢行ってきました♪
本当は2泊3日で北ホ予定でしたが
台風の影響で1泊2日に短縮して…。
えびさんのレポ見て来年は絶対北ホ行く!と決意しました。

どこかは判りませんが、
下山途中落石の凄い音がしてビビりました。
涸沢の紅葉はまずまずでした♪(v^ー゜)ヤッタネ!!

きーぼーどがちょうしわるいです

◆からいさん
ちゃんお文字になりません。
あっぱだめだー。
ごめんなさい。
からいさん・・・
なまえもちゃんおでねぇ

PCのキーボードの調子が悪くてちゃんと入力されまへん。
暫く、放置プレイやもしれませんが、ゴカンベンを!

「カラッチ」と入力しても「からい」と表示されてしまうので
カラッチさんの投稿部分をコピペ。
いくつか認識しないキーとバックスペースキーが使えねぇ。

◆カラッチさん
贅沢な時間でしたぁ・・・・
うっとり・・・・
ただ、このツケが他にまわって来る予定ですが(笑)

つか、あたしからしたらカラッチさんの方が激しく贅沢な山旅だと思うんですけど。
あだえああしはたかだか1日じゃないですか・・・・

◆MINMINさん
新田次郎に出てくるんですか。
それ、あたし読んでないですねぇ、何の本かな。
つーか、みなさんみーーーーーんな既に済みなんですねぇ。
あたしだけ今更ーーーーーでお恥ずかしい限り(;;;´Д`)ゝ
舞い上がって調子に乗ってコーヒーやラーメンの写真を
お上りさんのごとくバシバシ撮りまくりましたー☆

◆ぴとこさん
もう秋合宿に行っちゃいましたよねぇ。
あたしはマッサージチェアを使うためにこうして時々
ネットカフェに出没するんですがレスするチャンスですね(笑)
ああ、ここのPCはサクサクで快適だわぁー

あああ、あの北ホ小屋の優雅なひとときはもう3週間も前の事なのですねぇ。
こんな場所で働いてみたいなぁ・・・・
槍とコーヒーカップはだって、だって、憧れの光景だったんですから!!!
あの人はコーヒーも飲まずに延々とカメラ向けてヘンな人だなぁって
言われてたに違いない・・・・・
褒めて頂いてありがとーございます。

◆akemiさん
沖縄からお帰りなさい、でいーのかな。
(なんか自分のでめいっぱいだぁ、ごめんなさい)

もう何年ぶりでしょう、私と一緒に山に登ったのは・・・
アノ方もあたしも体力落ちて大変だすー。
折角標高上げたんでま、涸やら奥やらには登っておいた方が・・・
だってもう登る事ないだろうし(笑)

◆kei★さん
おー、涸沢行きましたかー。
しかもなかなかイイ時期に。
今日あたりがピークのようですね。
短縮になったのは残念でしたねー。
でも、無理は禁物ですからね。
またの機会に。

あたしも北ホ登ってる時に
ものすんごい音しましたよー。
崩壊音みたいなのが・・・・たぶん滝谷だと思うんですけど。
はじめは雷かと思った・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30685/42599466

この記事へのトラックバック一覧です: 北穂高小屋:

« 涸沢レポ | トップページ | ホリデー・パス »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近のトラックバック

blog link

高尾山そば白書

無料ブログはココログ