« 厳冬期東海アルプス縦走山行記録vol.4 | トップページ | 丹沢・表尾根縦走 »

2009年3月 4日 (水)

疑惑の燕岳

「で?燕、本当に行ったの?」

年末年始の燕岳。
 
以降の報告が何もなかったんで
うめっちからこんな突っ込みが(;´▽`A``


そんな疑惑を払拭するために重い腰を上げて
仕方なーーーーくチョーテキトーに作った今更なレポ(笑)
まぁ、疑惑を払拭するほどの事でもねーんだけどさー( ̄▼ ̄;)ゞ

たまには からお入りくださいまし♪
TOP → 山行記録 → 2009年 → 燕

※03/09 山行記録に入る事が出来なくなっていました。すみません。
      現在は復旧しています・・・

めんどくせえなぁって人はコチラから

« 厳冬期東海アルプス縦走山行記録vol.4 | トップページ | 丹沢・表尾根縦走 »

北アルプス」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

( ̄◇ ̄)ノ ちーす!・・・(朝の挨拶)
出勤前なので 長編レポの写真だけ拝見!
やっぱ 今回は雪が少なめなのかなぁ?
なんか行けそうな気になってきちゃった・・・(*’-’*)アハハ♪
夜 しっかり熟読研究させてもらうね・・・

今朝は現場直行なので時間に余裕あり。
久しぶりの山レポ、堪能しました。
ご来光も槍も見えなくても、やっぱり山上の正月はいいですね。
大蔵氏は山ヤさんがマッキンリーにいったときの隊ですね。
以前、スライド会に行った時の話しを思い出しました。
2010年元旦は満月です・・・月明かりの北アが期待できそうです。

せっかく行ったのに、ちょっと天気が残念だったんですね。
でも、意外に雪少ないんだぁ。
しかし燕山荘、混んでますな~(^^;

私は最近全然山から離れちゃってます。
この冬は海外逃亡2回したし、うさぎの病気に自分の体調悪化と
なかなかトレーニングすらしない状況でした。
今年は夏山復活。。。するかな。

( ̄◇ ̄)ノ ちーす!・・・(夜の挨拶)
しっかりと熟読させてもらっちゃいました・・・。
やっぱり 今年は 雪が極端に少なかったんだぁ?
あと10年もしたら 年越し登山も無積雪になってたりして・・・。

雪の時期は
朝からゲート出発で その日のうちに燕山荘へは 無理かなぁ?

◆ROCKY
( ̄◇ ̄)ノ ちーす!・・・(深夜の挨拶)
行けそうな気がして来ちゃった?
ま、あたしが行くくらいだからね(笑)

雪は本当に少なかった・・・・
10年後を考えると怖いねぇ・・・
雪なかったら小屋の存続が危ぶまれる。
宮城ゲートから一気に燕山荘まで上がってくる人は何人かいるよ。
朝5時に出発したとして2時とか3時に到着するんじゃないかな。
MISAさんがイヤがるんじゃないかなぁ(笑)

今回、そのつもりだったジャンにーさんに聞いてみるといいよ(笑)
なんかアドバイスしてくれるかもよ。

◆副長さん
展望なかったけどやっぱりここで過ごすお正月はいいです。
!!(゚ロ゚屮)屮
なんとっ!!!
来年の年末年始は満月が重なるんですねっっ!!!
うはぁ、死んでも行かなくちゃ!!!!
絶対絶対TGTを実現させましょうね( ^ ^ )
パタゴニアのイベントに大蔵氏もいたんですか
ってそりゃ居ますよねぇ(笑)ちっ、行っとけばよかった・・・・

◆うさうささん
これが初めてだったりしたら本当にショックかも。
燕山荘の年末年始は沢山いますよ。
200人くらいいるんじゃないですかね?

あたしも最近山はさっぱり・・・・
でも花粉が怖くて当分は控えますわ・・・

ほんとだ....なんも見えね~。レポおっつ~~。

なるほど。チームTKGHO(燕で靴を逆に履いて下りる)集会は来年ですか?(爆)
ワカン持って行くのが初心者?新雪積もったらラッセルになる可能性ありなんだから別におかしくないでしょ?条件悪くなったときに備えての装備を安易にカットしてしまい、いざとなったら立ち往生してしまう中高年ハイカーというのは良く聞く話。と珍しく厳しくバッサリしておきましょう。

うめ、きむち、えび・・・・・
食いもんばかり並んでますがな(笑)

◆うめっち
へい、何も見えねぇ・・・でしょ?
という訳でいちおー行って参りました。
ちゃんと山頂も踏んで参りやしたんで(笑)
つか、あなた、またカメラ新調したわね( ̄ー+ ̄)

◆きむっち
登山家の大蔵氏が軽い高度障害になると
判断力が鈍って左右逆に靴を履いたりする・・・・
って言った時には吹き出しそーになっちまいましたわψ(`∇´)ψ

あー、スノーシューの事は説明不足だった。
ごめんなさい、きむひろ先生(´Д`)ノ
後でレポ直しておこう。
スノーシューは合戦尾根に有効な箇所がほとんどないんで
無用の長物になりがちだけどワカンは必要だと思うよ。
あたしワカン持ってないからスノーシューで代用しようとしちゃったんだよね。
1度、吹雪の中、前の人のトレースが消えちゃって
小屋のスタッフが立ててくれたワンドとワンド間のルートが
わからずに踏み固めてある以外の箇所に足跡付けたら埋まって
タイヘンな目に遭った事あるのよ。
あん時はワカンの必要性をヒシヒシ感じましたワ。
今年は買おうっと。

きむっちも山スキー三昧ですなぁ♪

燕山荘の年越し。景色が見えなくても楽しそうですね。
冬山なので、あなどれませんが、是非行ってみたいです。
今年の目標とします。(とりあえず秋に登ってみようかな・・・)

素直にTOPから入って来ました~!(笑)
ホント、何も見えなかったんですねぇ~。
でもお餅つきもできたみたいで、良かったですね。
いいなぁ~。年越し登山かぁ~。
今は岳の介さんの実家でお正月だし
遠い将来は、自分達の体力が問題だなぁ。(^_^;)

ううう、寒そう~。(笑)

槍は残念でしたけれど、
メガネ岩など、雪景色に霧が掛かると迫力ですねぇ。
美味しそうな山小屋ごはんに、ホ~ッと和みます・・・
怪しい探検隊♪ 嘗て椎名誠ファンとしては羨ましぃなぁ
誠さんもかなりイイ声ですが、大くらさんも素敵な方のようですね♪

◆taiandoさん
おおおー!
来シーズンの目標にしますかー!
是非頑張ってくださいね。
小屋で遭っちゃったりしたらヨロシクですー( ^ ^ )
あたしらはチーム厳冬期燕で挑みます♪

◆akemiさん
山小屋で年越し・・・
あたしもヤマケイJOYの特集をバイブルに長い間夢みてたんですよー( ^ ^ )
雲取山荘から始めて乗鞍高原、美ヶ原と来て燕山荘へとステップアップして来ました( ^ ^ )
雲取山荘はまだ旧い小屋の頃に掲載されてていい味出してましたねぇ。
JOYに掲載されてて行ってないのは黒百合ヒュッテかな。
あたしもいつまで行けるかわかりません。
なんせ毎年疲労凍死と隣りあわせで登ってますからねぇ(笑)

◆腹ペコ殿
風邪っぴきにはツラい話題ですな。
はやくよくなりますように。
ま、風邪治っても花粉症がなぁ・・・

◆シャインさん
あやすぃ探検隊のファンですかぁ。
大蔵さんの声はそれはそれはもうーセクシィでぇ
耳元で囁かれたりしたらそりゃもーヤバいです(*´Д`*)
なんちって。。。
声のステキな人がだーいすきなんですよお♪

わらかしてもらいました~

燕岳の年越しも憧れだけど、宿泊者200人か・・・・
山小屋苦手なオイラはきついかも、テントでいくか~!
って甲武信も外せないしな^^;
よし、今年はえびさんが甲武信で、オイラが燕で!
・・・ってそれじゃ会えないじゃん(+_+)

そそ、チャリネタはこちらからもTBできないみたい・・・
いままで出来てたのに、なんでかな~?(謎

◆食う寝るさん
わらう?
(笑うよなとこあったっけか?)

厳冬期にテン泊とはチャレンジャーだなぁ。
だったら燕山荘付近は天候によっては危険ですから
合戦小屋で幕営するのがオススメですよん。
強風で危険を感じて小屋に避難する人もよく居ますが。
つか、寒くてツラいですよ?(;;;´Д`)
あたし、1度乗鞍高原でテン泊年越した事あるんですが
寒くてとてもミジメだったのを思い出します。
あれ以来、年越しは小屋で!がモットーです(笑)

食う寝るさんとあたくしは遭えそで遭えない星の下の運命なんすね(笑)

◆食う寝るさん
そちらからもですかぁ?
おっかしーなぁ。
最近、TBのバグがあったらしーんでその影響が
残ってるのかなぁ・・・・・
困っちゃう・・・・

TBしたいのにー(`ε´) 

完全に出遅れておりますが、やっぱり冬山のレポはぴーんと緊張がそれなりに感じられますね。私はスノーシューは持っていないけど、わかんはもってます。だけど持っていっても、1度も使ったことない。あまり高い物ではないので、つぼ足ならば必須かな。(大きな山スキーパーティーならば、スキーが壊れた時の万一のためにスペアでワカンを持っていくこともありで、やっぱり日本の山ではわかんの方が無難かも)

ところで、大蔵氏の「エベレスト登らせます」の本は、私が海外登山にはまったきっかけになった大切な1冊で何度も読み返しました。大蔵氏がそんなに美声だなんて。。。講演会の機会があれば行ってみたいな。happy01

◆MINMINさん
スノーシューはやっぱり雪遊び的な要素が大きいですよね。
わたしの場合は雪山登山は燕くらいしか行かないので
逆にわかんはあまり必要ないんですが(笑)
インチキ雪山登山者だからなぁ・・・・

大蔵氏は物凄く渋いイイ声なんです。
あたしもすっかりファンになって講演会とか探したんですが・・・・
以前は八王子とか横浜のカルチャーセンターで
ハイキングの講座とかやってたらしーですよ。残念。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30685/44202147

この記事へのトラックバック一覧です: 疑惑の燕岳:

« 厳冬期東海アルプス縦走山行記録vol.4 | トップページ | 丹沢・表尾根縦走 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近のトラックバック

blog link

高尾山そば白書

無料ブログはココログ