« ハゲタカ | トップページ | 劔岳 点の記公開 »

2009年6月17日 (水)

立山キャンプ vol.3

立山キャンプ vol.1立山キャンプ vol.2からの続き

WebSite【のんびり山歩き】山行記録 立山キャンプ
Blog【近頃のえびz】
同時UPでお送りしてます。

2009年5月5日(火)はれ
今日はいい天気。

風が強くて、こいのぼりは凄く元気。

昨日、小屋で入手したお酒。
寒さで相棒が飲み損ねたらしいが朝になってみると
飲み口がちょっと開いてたらしく未練タラタラ。
「これから車を運転して貰うんだからこれは我慢ね。」
と、あたしは容赦なく雷鳥平に奉納してあげましたとさ。

本日の朝メシ。
バターロールとクロワッサンに、レタスと生ハムやパストラミを挟んで。

パンと昨日の夕メシの残りのスープ。

残った豚肉があるので、そいつで豚肉の甘みそ炒めも。

昨日、作っておいたゼリーも。

日中、天気が良いと暑いくらいの雷鳥平でも、風が強いとそりゃ寒い。
ダウンジャケットなしじゃいられない。

立山の稜線にはガス。
今、立山の稜線を歩いている人は残念だろうなぁ。

大日はあまり影響なし。
今日は大日に登りに行った人がアタリかな。

モンスター?
いえいえ、これはテント周りのブロック。

ちなみに今年の積雪具合。
一昨年と同じくらいかな。

管理棟から見るとこんな感じ。
あ、人がいないからよくわからないな・・・

荷物もまとめて室堂へ向かう事に。
管理棟の後ろの斜面から帰ろうとそちらへ足を運んだ我々。
しかし、思ったよりもこのルートは使われておらず踏み固められていなかったせいと
重さのせい(汗)か、とにかく1歩1歩がズボズボ埋まる。
踏み出しても雪が崩れてどうにもこうにもならん。

仕方ない、普通に雷鳥沢ヒュッテ方面から帰ろう。
雷鳥荘までの直登はあくまでも避けるインチキぶり。
雷鳥荘前から雷鳥平のテン場を最後に、もいちど俯瞰。

昨日から、わたしの登山靴はアイゼンが何度も何度も外れる。
50m歩いては外れ、といった調子。
確かにコバが小さめではあるけれど、
年末年始の燕岳の時はまったく大丈夫だったのは何故?
これは来シーズンのアイゼンはバンド式に買い換える必要があるやも。

みくりが池温泉で休憩タイム。
昨日は食べなかったブルーベリーソフトを。
昨日、喫茶室で浴衣来たハゲ頭のコワモテなおっさんが1人でこのソフトを
美味しそうにペロペロ舐めてる姿には笑ったなぁ・・・

この時期のみくりが池は雪の下。
右下にちょろっと水が見えてるけど。

今日は天気が崩れる予報のせいか室堂平に到着しても
散策している観光客がほとんど居なかった。
居たとしても雪の大谷方面ばかり。
それでもターミナルは観光客でごったがえしていた。
その殆どが韓国や中国からのツアー客。

大観峰からはロープウェイで黒部平まで行くが
一度に運ぶ人数が少ないのでどうしても順待ちが発生するため、整理券が渡される。
大観峰のロープウェイ乗り場でのモニターを見るとなんと
マジすか!?
あと20往復ほど待たなければならないって事だ。
帰りも車って事でつい油断して、いつもよりもかなり遅い出発が響いたようだ。
行きも書いたけど黒部平ひは本当に雪がない。
正面の赤沢岳なんかもほとんど雪がない。

3年前に行った時に初めて見つけて即GETしてしまった黒部源流Tシャツ。
今回もついGETしてしまった。「私も買って黒部に着て行く」と言っていた
石角さんは果たして着て山に行く事が出来たのだろうか・・・・・・

ロープウェイ→ケーブルカーと乗り継いで黒四ダムの乗り場では
香取慎吾の黒部の太陽の衣装や小道具などが展示されていた。

トロリーバスで扇沢に到着した頃はすでに17時近かった。
ここで必ず和風ランチを食べる事になっていたけど
こんな時間にやっている訳もなく食事をしそこねた。残念。

車に到着して荷物を下ろして帰る仕度をしてると相棒が

って言うんで、車の中に置いてあったノースフェイスのバッグを差して「これ?」って言ったら
「エーグルのだよ!」
しばし考えてた相棒は

って言うんで、順を追ってくと黒四ダムのトロリーバス乗り場で
手にしてるのをわたしが見た記憶があった。
急いで扇沢の駅に向かって事情を説明すると黒四ダムにある事が判明。
次の最終バスで持って来てくれる事になった(あぶねー)

無事に荷物を受け取って薬師の湯でさっぱりした後に向かったのは松本。
ひたすら松本を目指し、21時に到着したのは萬来。
お目当ては山賊焼き定食。
これがもう本当に美味しいのって。
松本でごはん食べる時間がある時は絶対食べたい。
居酒屋なんで周囲の人たちがお酒を飲んでる中、我々は堂々とお食事!
いーの、いーの、店の看板には「お食事処」って書いてあるんだからさ。

店を出たのが22時頃。
このまま帰るのも悪くないと高速に乗ったのはいいが、ヘタに中途半端な時間帯だったせいか、
上信越に入って、まもなく
サクッと帰れるつもりでいたんで、予想外の渋滞では、なかなか進まないうちに眠くなって
横川SAで休憩に入り、そのまま仮眠タイム突入。

が、起きてみるといつの間にやら翌日の朝(笑)
朝からガッツリ定食を平らげて渋滞ナシの高速で帰りましたとさ。

※山行記録はチョコチョコ変更したり加筆したりしてるので
  はじめから見るとまた多少違う印象になるかもしれません。
 (ブログには反映していない部分アリ)


« ハゲタカ | トップページ | 劔岳 点の記公開 »

北アルプス」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

(ノ゚O゚)ノ OH~~~!!
ついに完結編UPだね。
めずらしく・・・・えびクンのアップ写真もあるし・・・。
(*’-’*)アハハ♪
今夜 帰宅してからジックリと読もうっと・・!

じゃあ! 仕事へ  いってきまーす!
    εεεεε┏( ・_・)┛

◆ROCKY
よーやくです、途中で飽きちゃうから続かなくて・・・┐(´д`)┌

そうなのよ、珍しくえびクンの写真が・・・・(笑)
立山だし、寒そうな画像が欲しいな、と・・・
これじゃー、なんだかよくわかんねーからいっかって事で。
ちなみにこのブログのタイトル写真もなんと、あたくし!なのですよ。
珍しいでしょー( ̄▼ ̄)

行ってらっさーい(_´Д`)ノ~~

お久しぶりです~
ちゃんと山登りしてるんですね~私は最近サボり中です。

で、今回は山ネタじゃないんですが・・・
八重山地方に鳥撮影に行ってきたんですが、
そこにいるカラスが、ちっこくてかわいいんですよ!
オサハシブトガラスっていうんですが、全然ハシブトじゃなくて
ハシボソよりくちばしが細くて、何より体が小さくて
頭から尻尾まで25cmくらいしかないんです。
で、カラスといえば、えびさんを思い出しまして・・・
かわいいので、是非見てみてください(*^-^)

http://www.eva.hi-ho.ne.jp/asuka/2009yaeyama/2009yaeyama.html

とうとう完結編でしたね・・お疲れ様でした!!

それにしても冷や汗が出そうな話題で・・。
忘れ物も早く気がついて出てきて良かったですわ。

みくりが池温泉のブルーベリーソフト、去年食べたかったのに
時間が無くて断念したんだよなぁ~今度は絶対食べたい。。
いつ食べれるかな・・。

タイトルの画像も・・・
(⌒^⌒)b うん! えびクンだと思ってたよ。
でも・・・・後姿だったから。
今回は 珍しく・・・真正面からだも~ん!
   V(^0^)

ところで・・・・
ブログの方は表れないので気付かなかったんだけど
山行記録の方でみると 中盤のあたりの写真のタイトルが
なんかヘンじゃあない?
あれって わざと??
  ???

レポおつかれやまでしたぁ/(^ー^)\
加えてトラブル続きの山行、大変でしたね。
いやぁ~、それにしても立山の画像はいつ見ても綺麗&カッコイイですわ!
そんな状況下でもしっかり食事作ってて楽しそうだし。
もう毎年の恒例行事ですな。
しかし、あの赤いバッグの中身は一体何だったのか、どーしても気になってしまう、少しポイントのずれた私です。

お~!完結編だ~~!!
私はまだ手を付けてないですよ。
マズイなぁ~。(^_^;)

最後の朝食、豪勢でしたね!!
パンがつぶれてないトコがすごい。(笑)

萬来の山賊焼き、美味しいですよね~。
しかし、次に行く機会はいつになることやら。(^_^;)
仮眠で朝まで、いいじゃないですか!
渋滞なしがいいですよ~。
ウチは事前チェックして、渋滞してそうなら松本で温泉&仮眠です。
インターの近くに温泉あるんですよ。

3部作、たのしく読ませていただきました。
お疲れ様。
えびさんの正面画像も新鮮に拝見させていただきました(笑

レポとは関係ないですが、横川SA(上り)よくなりましたねぇ~~~。
先日尾瀬に行くときによったのですが、スタバも出来ているし、建物も奇麗になったような気がしました。
お土産コーナーも充実で。。。。
駐車場脇の「空き釜」回収ポストには笑っちゃいました。


あ・・・朝からそんなボリュ-ム・・・羨ましいだす^^;
やや曇りでもいい景色ですな~
やっぱボチボチ立山も再訪な気分が盛り上がりますよ
この秋にでも行こうかな?な感じです。

ところで、以前から気になっていたんですが、レポ中の手書きっぽい文字ってどうやってるんですか?
真似したい(笑)

完結編。。いくつかの至難を乗り越えて。。。
それでいて、楽しく美味し~くステキな旅でしたねぇ。
ウチの旦那さん、久々の松本が気に入ったみたいで・・・
いつかまた立ちよったら、山賊焼き定食食べさせたいと思いますぅ。

◆うさうささん
ども( ^ ^ )
オサハシブトガラス・・・もかわいーんですけど
あたしはリュウキュウアカショウビンが好きでやんす。
先月の丹沢で姿は見えなかったけどアカショウビンの
鳴き声だけはハッキリと聞こえてましたわ~~。
尾瀬で見たカワガラスもちっこくてかわいかった記憶があるなーheart04

◆milkちゃん
みくりが池温泉のブリーベリーソフトを食べてない!?
それはイケませんね(きっぱり)
ウマイーですよお( ^ ^ )
あたしは何があっても最終日には食べます。
て、前にそんな事してたらアルペンルートの最終便に
乗り遅れちゃったけどね(;;;´Д`)

◆ROCKYⅡ
>中盤のあたりの写真のタイトルがなんかヘンじゃあない?
やややややややや、ホントだー!!!!
(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
ありがとー、直しましたワー。
もー、見直しとかしてないのバレバレですな(笑)

正面からのえびクン載せてるバアイじゃねーゾ

◆おつ山さん
横浜への出張、ご足労さまでございます( ゚Д゚)y─┛~~
立山の景色はスバラシイですよん。
つー訳で週末の剱岳 点の記、楽しみですね( ^ ^ )

>あの赤いバッグの中身は一体何だったのか
ああ、あのバッグはね、保冷バッグなんですよ。
お肉とかハムとか入れてたんですけどザックに収納しきれなくて
はみ出てしまいました(笑)
帰りに忘れた時は食べ物しか入ってないからもういいやって
思ったんですけど相棒が何を入れたのか覚えてねーなんて
言いやがるんでいちおー届けて貰ったんだけど黒部源流Tシャツとか
入ってて捨てて来なくてよかったーって思いましたワ・・・・

◆akemiさん
パンも赤いバッグに入れていたんでつぶれずに済みました( ^ ^ )

萬来の山賊焼き定食はホントウマーですね(*´Д`*)
さわやか・・・で来ると松本に寄れないし
あずさで帰ろうとしても時間の空きがなかったりで
なかなか萬来に寄る事が出来ないんですけど
(今年の燕岳の帰りもそーでした)
時間があったら絶対ココです( ^ ^ )

本当は泊まるつもりでいたんですけど思った以上に
遅くなって宿探しも大変だろーと思って諦めました。
車で寝るのはニガテなんてヤなんですけどねー。
akemiさんとこみたいに走る御殿じゃないしー.

あ、今年の涸沢レポキボンヌ( ^ ^ )

◆木曽駒さん
ありがとうございます。
すんまそん、つまんない画像晒してすんまそん(;´д`)

横川SA、そうですね、なんか立派になってますね。
以前は横川のワリには(?)なんかショボいなーって思ってましたからね。
もう信越本線は碓氷峠は走ってないですもんねぇ。
新潟の友達がいたんで横川で釜飯買って碓氷峠を電車で何度か
越えましたよー、なつかしいなー

◆食う寝るさん
ええ、1日前倒しで帰る事になって朝から
残飯整理で大変でしたよー(笑)
でも、まぁ、しっかり食べたお陰で夜メシまでなんとか
持ち堪えましたからねー( ̄・・ ̄)=3

秋に立山ですと!?スゲエ、裏山(*´Д`*)
あ、ついでに剱もですかね♪

>レポ中の手書きっぽい文字ってどうやってるんですか?
あ、あれは文字を画像にしてUPしてるだけです(笑)
手書きっぽいのはそういうフォントだからです。
「怨霊」って名前のフォントなんです(爆)
フリーフォントなんで使ってみます?
→コチラからDL出来ます

◆シャインさん
アクシデントはあったけど楽しかったです( ^ ^ )
旦那さま、松本が気に入ったんですかー
萬来もいいけど山海亭もよかったですよ( ̄▼ ̄)
あ、たくまなんかもいいかも・・・
でも山賊焼きは本当においしーですから!!!

あたしは先日、江戸城の本丸跡なんてのに行ったせいで
なんかお城の天守閣に登ってみたくなっちゃいました。
浮かんだのが小田原城と松本城でした。

石角さん・・・どうなったでしょうね。
私もこのTシャツほしいかも。

やっぱ画像なんですね~
ご指南ありがとうございますm(__)m

>「怨霊」って名前のフォントなんです(爆)

怨霊って・・・・すんげぇ名前・・・・ψ(`∇´)ψ

◆ju9cho
黒部源流Tは阿修羅Tよりご利益あるかもしれません。
難しい課題もきっとクリア出来る事でしょう( ̄▼ ̄)

石角さん、本当に心配ですよね・・・・
あの件は広めた方がいいものか・・・

◆食う寝るさん
そうなんですよ、画像なんすよ。
聞いちゃうと「なーんだ」でしょ(笑)

怨霊は心の叫びに合ってるのでお気に入りなんす( ^ ^ )

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30685/45311916

この記事へのトラックバック一覧です: 立山キャンプ vol.3:

« ハゲタカ | トップページ | 劔岳 点の記公開 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近のトラックバック

blog link

高尾山そば白書

無料ブログはココログ