« TOTOな日々 | トップページ | 伊豆&箱根 »

2011年10月 2日 (日)

秋の立山

9月17~19日、やや秋の立山へ。

初日から雨に降られ、大幅な計画変更を余儀なくされ
山行が温泉旅行?になったけど楽しかったfuji

山行記録は、またはから

« TOTOな日々 | トップページ | 伊豆&箱根 »

北アルプス」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

えびちゃん・待ってましたよ・

お母さんとご一緒だったのねー
こんなにいい天気になって
キャンセルしないで良かったねー

やっぱぁ~普段の行いかもね・・(*`▽´*)

お母さんも、大満足のようで
良かったじゃないですか・・。

娘と一緒に山に行けるだけでも満足なんだから
とても楽しい山行になった事でしょうね。

ご飯は残念だったようだけど
お風呂もあれば十分(私は・・。)

秋が始まっていたねー
今頃はもう盛りかしら・??

GWは馴染みの場所だけど
違う季節も新鮮でいいでしょうね。


急に寒くなってきちゃって
山も雪が始まってるね。。。

今年は紅葉は行けそうもないわ。

1日目の雨は残念でしたが、その後はいい天気でよかったです。
昼間の景色もいいし、富山の夜景も綺麗、山の上での天体観測会も凄い。
天狗平は山を始める前に、アルペンルート観光でバスを途中下車して歩きましたが、その後は通過だけ・・・
剱御前から大日への縦走は私もずっと行きたいコースになってます。

これはもう~~~・・・
言葉になりません。

雨覚悟で行ってたからこそのご褒美だったかな。

それにしてもお母さん、雨の中よく雄山に登ったものだ。

同じ室堂~立山でも、えびちゃんが行くのとうちが行くのとでは、なぜかえびちゃんが行った方がだんぜん良さげなんだけど、なぜ?

GWに行ってても真っ白な雷鳥さんはいないの?
黒いのが出て来ちゃってるの?

予想外にいいお天気になってよかったですね♪
いつもながら、写真が素晴らしくて、私が行ったのはずいぶん昔のことなので
ここってこんなにきれいな景色だったのねーと、思ってしまいました。

天体観測会も参加できて、ラッキーでしたね。
私にはチンプンカンプンですけど・・・^^;

アルペンルートの料金がもっと安ければ、気軽に行かれるのに
お天気とにらめっこしていて、つい行かれずにいますが
来年こそ行きたいなぁと、思ってます。

初日以外は いい天気に恵まれてるじゃん!”
いーなぁ・・・
立山へのアクセス 静岡からは よくないんだよね・・・。
首都圏の人が うらやましいな・・・。
北ア全般的に 首都圏からは アクセスいいよね・・。

お母様は小柄なんだぁ・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

    εεεεε┏( ・_・)┛

えびちゃん こんばんは♪

レポ待ってました(^-^)
同じ室堂山荘に泊ったんですね
私の時はご飯が一番美味しかったように思ったんだけど・・・

変化たっぷりのお天気でしたね
それも私達の時と同じ・・・
標高が高いから?

えびちゃんの五色が原レポも最近読みました
だって立山から歩きたいところが多すぎて・・・
下の廊下は相棒が行きたいってずっと言ってます
時期がなかなか合わなくて実現しないけど 私は怖くてたぶん駄目かな?

星空観察会も参加できて えびちゃん行いがいいんでしょうかぁ?

我が家は慌てて立山に行ったので下調べ不足で
白えび天丼も ケーキも食べ損なっちゃいました
次回の楽しみにします(>_<)

レポ、拝見しました。

すごくよかったああ。

透明感のある写真を眺めつつ、行きたいなあ、行きたいなあ・・と一人ごとブツブツ。

楽しませていただきましたです。

雨覚悟で行ってあの景色。羨ましすぎです。

◆milkちゃん
遅くなってごめんなさい。
結果的に行ってよかった(^^)
翌週だったら雪降ったから母には雄山も滑って怖かったかもしんないし。
15000円のキャンセル料を払いたくないがために行きました(笑)
実はその前に1度高速バスをキャンセルして3000円払ってたんです。
だから余計に悔しくて。
最初はさわやか信州号で扇沢まで予約したんだけど
室堂まで行ってくれるバスがある事を知って切り換えちゃったのですよ。
さわやか信州号は夏しか室堂便無いんで。

母は娘がコワイと言ってます(笑)
あたし口調がキツいんで。
コワイ娘と一緒で楽しいのかしらψ(`∇´)ψ

今年の北アは立山しか行ってない・・・・

◆副長さん
山の上で超高級天体望遠鏡を使っての天体観測会なんて
副長さんにとっても魅力的なんじゃないですか?(゚▽゚*)
大日、魅力的な山ですよねぇ。
以前、ジャンにーさんが大日イイよって言ってたんで。

あたしだけだったら柏原新道に傾いてましたよ。
ちょうど「柏原新道~爺~鹿島槍あたりは、えびさん好物じゃないかと。」
って言われてたし。
いつかテン泊ご一緒させて下さい。

◆ハイジさん
>同じ室堂~立山でも、えびちゃんが行くのとうちが行くのとでは、
>なぜかえびちゃんが行った方がだんぜん良さげなんだけど、なぜ?
それはないでしょう。
あたしらは雄山でお茶を濁してますからねーw
立山温泉旅行ですからー
そそ、立山といえば「てっぺんに必ず立つ男、ペーター」ですよね。
あれはツボでしたψ(`∇´)ψ
あたしも大汝行ったらやるとこだったのに←大ウソ

>GWに行ってても真っ白な雷鳥さんはいないの?
>黒いのが出て来ちゃってるの?
GWには既に半分ほど黒いですよ。
ちなみに11月に行った時も黒かったです・・・
アルペンルートが閉鎖される季節しか白くないのですね・・・

◆はなねこさん
予想外なのか知らなかっただけなのか・・・w
無積雪期の立山はとても久しぶりだったんで、とても新鮮でした。
あたしもここってこんなにきれいな景色だったのねって思いましたもん。

天体観測会は本当にラッキーでした。
あたしも星は好きなんですけど、星座って覚えられないんですよね。
でも赤い星とか七色に変光する星ってのはわかり易いですよ。
天体望遠鏡覗くだけで見えるんですから(笑)

アルペンルート、本当に高いですよねー。
GWは年に一度の贅沢だって覚悟してますけど
今年は2回も贅沢しちゃいました・・・・
高速が1000円の時は立山入りしてアルペンルート代を
安く出来たんですけど来年からはまた扇沢なのかな・・・
って調べてみたら富山に廻っても3000円しか変わらない・・・
はなねこさんも来年は行けるといいですね。

◆ROさん
>初日以外は いい天気に恵まれてるじゃん!”
でも、その初日で計画がガラリと変わってしまったんだけどね・・・
ま、でも贅沢な意見かもね。
晴れの日があっただけでもヨシとしよう。

北アは名古屋からだと近いらしいね。
関東からだと少々遠いものの交通手段は豊富だからね。
都会の近くに住んでてよかった(笑)
て、あなたは県内に南アルプスがあるじゃないの・・・

>お母様は小柄なんだぁ・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
ええ、それが何か?(・__・)
あたしの半分くらいしかないぞ。
(身長143cmだったっけな・・・)

南アルプス登山口は 静岡市内だけど・・・
行くのは 八ヶ岳の方が楽なんだ・・・・。
良く崩れて通行不能にもなっちゃうし・・・・

◆矢車草さん
同じ室堂山荘でした(^^)
あたしはあそこのご飯ダメだけど矢車草さんにとって
美味しかったんなら万々歳じゃないのー♪♪
好みは人それぞれなんで・・・(=´Д`=)ゞ

五色は雨でなんっっっにも見えなかったから
今年の夏行きたいなーって思ってたけど行けず・・・
来年の夏は行きたいとこです・・・
北アの富山側は撤退や断念したルートが多くって・・・
いつも行いが悪いんじゃないかって思ってるんですけど。
でもやっぱコッチ側が好きなんですわー

この週末に立山に行く人は紅葉のベストシーズンで羨ましい・・・

◆ぴとこさん
ありがとうございます。
同じカメラでもぴとこさんが撮るとそらーもう較べものには
ならないくらいぴとこさんのほーがステキに決まってます。
あたしほどテキトーに撮ってる人もいないんじゃないかと思います・・・
今回、カメラ床に落としちゃったし・・・

オンナには降られるとわかっていても行かねばならぬ時がある・・・・
(キャンセル料が勿体ないから・・・)
そーして得たイイ天気は本当に嬉しかったですよ。

◆ROさん
確かにね・・・南アは登山口までが遠いからねー。
あたしは広河原まで車が入れなくなってからは面倒で
行こうって気さえなくなってるからねー・・・・
林道なんかもよく崩壊しちゃうよねー・・・
でも県内の山だよ?スゴくね???shine

おぉー親子で良い山歩きが出来たね。
何と言われても、子供と一緒ほど嬉しい物は無いのよ、母としてはねhappy01

でも、雨の中を頑張るって大変だわ。
お母さんも偉い!

どの写真を見てもため息物の景色だわ。
行けない所だから、しっかり楽しませて貰いました。

キャンセル料ほど払いたくない物は無いものね。
天気悪いで行ったけど、二人の為にお天気回復したんだと思うよsun

◆山百合さん
流石に母はもうガッツリな山歩きにはもう自信がないようで。
立山温泉旅行になってしまいました・・・
それはそれでとても楽しかったですよ(゚ー゚)
そうかぁ、コワくても娘と一緒で嬉しいんですね・・・?
そう思う事にします。
山なのにキャンセル料って・・・・?て思いましたけどね・・・

こんにちは。いつぞやは晴れた立山の写真ありがとうございました。くやしー。こういうことだったんですね。私も今日から立山行きます。初心者連れて行くので雷鳥荘を予約しました。(相部屋ですが男3人なので全然OK)

◆腹ペコ殿
いいなぁー、紅葉真っ盛りの立山 ゚з゚)
室堂平の写真見せてもらったけど
コメ付きでリツイートするハズがただのリツイートしちったよ。
ごめん(;;;´Д`)ゝ
どーだったのか楽しみですわ♪

結果オーライ..
温泉旅行だっていいじゃんか...何度も温泉に入れていいにゃ~~。いいにゃ~~。

えびちゃん、めっちゃお久しぶり!
モッチーです。

母と娘の山旅、素敵!!いいなぁ~。
いつかうちの娘も山に戻ってきてくれないかなぁ~と、ひそやかな願望。
予想外だったという素晴らしい展望は、きっと山の神様からのプレゼントだね( ^ω^ )

◆うめっち
立山温泉旅行ですた。
あなたんちはもうすっかり殿のソロ山行が恒例になっちまったのね。
残念だわー・・・・
ま、それでも山の世界を忘れずこうやって
覗いてくれるのは嬉しいもんね。
あたしもあなたのブログは見てるのよ。
最近松本行ったのだってちゃーんと知ってるし(^^)

◆モッチー!!!!!!!
いやーん、久しぶりー!!!!!shine
ROCKYんとこでも見たわぁ
走ってるのは知ってたけどちゃーんと山にも行ってるのね!
もう娘さんは山には一緒に行ってないのね・・・・

もしかしてそろそろ山webに戻って来るのかな?
いつでも歓迎するよー(*^_^*)heart02
嬉しいなぁーhappy02

えびさん,はじめまして。
私はmilkさんのホームページにお邪魔しているrei です。

拙い文章を読んで下さり,ありがとうございます。
下の廊下,今シーズンは通行止めになってしまいましたが,チーム阿曽原の方々が状況を把握して,来シーズンは安全に歩行できるよう整備して下さると思います。

今回のような悪条件でなければ,黒部峡谷の険しさと共に渓谷美を堪能して,満足できる山行になりますよ。
是非トライして下さい。
私は単独で行きましたが,出来ればご主人さんと行って下さいね。

◆reiさん
うわぁ、こんなところまでご足労?頂いてすみません・・・・
はじめまして。になりますね。
ですが、milkちゃんとこやROCKYんとこでreiさんのエキスパートぶりは
もう知ってますんで・・・・

下の廊下は本当に驚きました・・・・
いつか行きたいと思いながらも秋に連休がなかなか取れない相棒
ですんでどうしても行く機会がありません・・・
いやぁ、一人で行こうなんて思った初心者のあたしがバカでした。
今回だけじゃく、普段でも何が起こるかわかりませんよね。
でも諦めずいつかは行きたいです。

私たちは、10月8日~10日で立山行きました。
(テントは1泊で、後は車中ですが...)
10月のテント泊は、初めてだったのですが、
もしかしたら、春より寒かったかもしれません。
でも、青空、雪の立山、紅葉を見ることができて、
最高でした。

本当は、私たちも、9月に行きたかったのですが、
節電対策のため、夏休みが2回あった代わりに、
9月の祭日は出勤日になってしまったんです。
その代わり、7月に立山へ行けたので、
花はたくさん咲いていました。
それから、チャレンジホビー、あなたもこれから
山ガールとか言う番組の撮影にも遭遇しました。
結局、違った立山が映っているかもって感じで、
全話観てしまったんだけど。

立山の紅葉って1週間でずいぶん変わるみたいだから、
行く時期を選ぶのが難しいですよね。

ちなみに、雄山三角点そばの羅針盤みたいなのが、
マンホールの蓋みたいになってるんですね~。
放送で観てびっくりでした。

立山アルペン倶楽部5割引をねらって邁進中...

◆PanBeeさん
9月は暑かったんですけどねぇ・・・
10月の立山・・・あたしも行った事はありません。
11月に入っちゃうと積雪を覚悟して行くからまた違うんでしょうね。
この時期は管理棟のトイレが閉鎖されちゃうから
ちょっと行きにくいんですよねー・・・・・

PanBeeさん、本当に立山マスターですねぇ。
あたしは行くと言っても毎年1回程度なので立山アルペン倶楽部は
入りませんでした。

あ、そそ、雄山の山頂方位盤て台に乗ってるんじゃなくて
随分と低い位置にありますよね。
あれじゃ確かにマンホールの蓋かもψ(`∇´)ψ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30685/52887119

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の立山:

« TOTOな日々 | トップページ | 伊豆&箱根 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近のトラックバック

blog link

高尾山そば白書

無料ブログはココログ